お金が借りられて、そのお礼で1億円のトイレができちゃった廟の話の続きです。
詳しくは http://ryunohane.net/?p=27

さて、ここの廟には、金の鶏がいます。

この鶏ちゃん、なでなですると、いいことがあるのです。

体の場所ごとに、ご利益が違って、

例えば、鶏の胸をなでなですると、
「家庭円満」

鶏のくちばしをなでなですると、
「富貴」


さて、若いお嬢さん方が、一生懸命に鶏のお尻を触っていますが・・・

お尻は、
「非凡な才能に恵まれる」

とありますが、

どうやら、お嬢さん方の目的は、お尻ではなく肛門のようです・・・
(いきなりすごい単語が出てきてしましました・・・)

この廟の解説書によると、

肛門は、
「いい夫と結婚できる」

となっています。

お尻とは別に肛門の効能があるなんて・・・

確かに鶏の肛門、ありますね・・・(笑)


ですから、もし、この廟に婚活中のお嬢さんが行きましたら、
恥ずかしがらずに、ぜひ、肛門をなでなでして来てください(笑)

しかし、独身のうら若き乙女に、鶏とはいえ肛門をなでなさせようとする廟は、いかなるものか・・・(笑)

しかし、金の鶏ちゃんも、みんなになでくりまわされて、
すっかり金が剥げちゃって、いい味出しています・・・

さてさて、ここの廟では、お家にお持ち帰りできる金の鶏ちゃんもいます。

ただし、これも、ポエを使っての神様のお許しが必要となります。

続く・・・

紫南宮サイト http://www.紫南宮.tw/jp/index_jp.htm

撮影:山田美幸